2005年の米オンライン広告市場、過去最高125億ドル

CNET Japanより

2005年の米国におけるオンライン広告市場は30%増加し、過去最高となる125億ドルに達したという。広告業界団体のInteractive Advertising Bureau(IAB)と独立監査法人PricewaterhouseCoopersが米国時間4月20日、共同で行った調査を発表した。

キーワード広告が全体の41%らしいですが、この数字は今後もっと増えるでしょうね。

やはり、低価格でテストマーケティングもしやすく、セグメント化されたターゲットに向けて広告が出せるということは、今までみんなやりたかったけど、簡単に手頃にできなかったことですからね。


特に、個人事業者や小さな会社にとっては、自分の商品、自社の商品が他の媒体では考えられないくらい広く、また、興味をあらかじめ持ったターゲットに知らせることができますからね。

まさに、キーワードを制するものは、ビジネスを制するという感じです。

ロングテールを意識した、Googleをはじめとした新たな方向を見ているIT企業の広告は、お金を稼ぐ構造自体を変えてしまう威力がありますね。