2005年 世界で1番売れたアルバムはコールドプレイの『X&Y』

International Federation of the Phonographic Industry(IFPI)が昨年(’05年)世界で最も売れたアルバムを発表した。トップに立ったのは、コールドプレイの『X&Y』。世界中で830万枚を売り上げたという。

830万枚ですかぁ〜。すごいですね。やはり、世界共通語の英語の歌は、ヒットすると売れ方も日本とは比べものにならないですね。

ただし、これからは、iTunes Music Storeに始まる「デジタルで1曲単位でダウンロードして買う」という傾向がどんどん強くなることが予想されるので、どのアルバムが1番売れたかを議論すること自体が意味をなさない時代が来るかもしれません。

IFPIによると、昨年は、全体的なセールスは’04年より3%ダウンしているが、デジタル・ミュージックの売り上げは’04年の400万ドルから1,100万ドルに急上昇したという。

アルバム単位で購入すると、好きな曲とそうじゃない曲ってありますよね。この3曲だけでいいから、もっと安くして!みたいな。

1曲づつ購入できるというのは、このあたりの消費者のニーズをしっかり満たしてますからね。

今後は、15曲入っているアルバムで、1曲づつ購入するなら200円、アルバム単位で購入するなら2,000円(1,000円お得!)といった、iTunes Music Store形式の販売が一般的になるでしょう。

そして、このような販売の仕方は、アマチュアミュージシャンでも低予算でできることなので、どんどん自作した曲をネットでアピールして販売する人も増えていくでしょう。

ちなみに、2005年のアルバムトップ10はこんな感じでした。

IFPIが発表した’05年世界で最も売れたアルバムのトップ10は——

1.コールドプレイ『X&Y』(830万枚)
2.マライア・キャリー『The Emacipation Of Mimi』(770万枚)
3.50セント『The Massacre』(750万枚)
4.ブラック・アイド・ピーズ『Monkey Business』(680万枚)
5.グリーン・デイ『American Idiot』(640万枚)
6.マドンナ『Confessions On A Dance Floor』(630万枚)
7.ケリー・クラークソン『Breakaway』(610万枚)
8.エミネム『Curtain Call』(550万枚)
9.ジェームス・ブラント『Back To Bedlam』(550万枚)
10.ロビー・ウィリアムス『Intensive Care』(540万枚)

B0006L16N8 X&Y
Coldplay
B000BO0LKY The Emancipation of Mimi
Mariah Carey
B0007NFL18 The Massacre
50 Cent
B00096S3RC Monkey Business
Black Eyed Peas
B0002OERI0 American Idiot
Green Day
B000B8QEZG Confessions on a Dance Floor
Madonna
B00064ADRK Breakaway
Kelly Clarkson
B000BVD460 Curtain Call: The Hits
Eminem
B000AYEI5Y Back to Bedlam
James Blunt
B000B5UL7G Intensive Care
Robbie Williams