アップル「Boot Camp」を公開 Intel MacでWindows XPが利用可能に

アップルがMac上でWindowsXpが使えるBoot Campを発表しました。

Microsoft Windows XPのインストールディスクを持っているユーザは、本日よりダウンロード提供されるBoot Campを使って、IntelベースのMac® にWindows XPをインストールできるようになります。

僕が使っているMacは2年前以上のもので、先日、故障したりして、かなり調子が悪いので、Intel Macを買いたいなぁーと思っていたところでした。

AppleはiPodをWindowsでも使えるようにして、マーケットを一気に勝ち取ったという経験があるので、今度はパソコン自体の乗り換え化の第一歩というところでしょうか。


現在、世界のPCユーザーのうち、Macを使っている人は2%強と言われているので、ほんとに一部ですよね。

Macをメインで使っている僕としては、使いやすさ、楽しさ、動作の軽快さ(OS10.3から)とどれをとってもMacが勝っていると思うのですが。。。

インテリア好きな人とかは、本当はMacを使いたいんだけど、周りがみんなWindowsだから・・・と言った理由でWindowsを買う人がいると思うんですよね。で、結局、愛着がもてなくて、あまり使わないみたいな。。

カメラと一緒で、パソコンも愛着って大事だと思いますね。愛着を感じられないと、つまらないんですよね。。

インストールが完了すると、ユーザはコンピュータを再起動してMac OS® XまたはWindows XPのいずれかを立ち上げることができるようになります。

これで、今までMacが気になっていた人は、Macを買う理由ができましたね。リスクがないですからね。今までは、周りにあまり使っている人がいないから、買いづらいというリスクがあったと思うですが、これで、おもいっきれますね。

MacとWindowsを両方使ったら、Macにはまる人って多いと思います。

ただ、問題は価格でしょう。デルのノートブックとかって、7万円くらいで買えてしまいますからね。
1万円安ければ、そっちに走る人って多いと思います。
Intel Macをどのくらいの価格帯で出せるかが、今後の課題でしょう。

Boot Campは、8月に開催されるアップルのWorldwide Developers Conference(ワールドワイドデベロッパカンファレンス)でプレビューされるMac OS Xの次期メジャーリリース、「Leopard(レパード)」の一機能となる予定です。

という訳で、初心者は8月まで待ちですね。OSも進化するみたいですし。僕も欲しいっす。。。

PC Watchでは、Intel MacでWindowsが動く「Boot Camp」レポート【インストール編】がやっています。

これを見ると、本当にMacとは思えないですね。Windowsそのものって感じです。

Boot Camp(ベータ版)のダウンロードはこちら

とうとう、OSもボーダレスですねー。

現時点でのIntel Macは、iMacMac miniMacBook Proの3つです。