Appleとソフトバンク iPodを内蔵した携帯電話を共同開発

ITmedia「Appleブランド「iPod携帯」はソフトバンクとの共同開発との報道」より

ソフトバンクがApple Computerと共同で、音楽プレーヤーのiPodを内蔵した携帯電話を開発中だと、日本経済新聞が5月12日に報じた。
同紙のWebサイトに掲載された記事によると、この音楽再生携帯は、AppleのiTunes Music Store(iTMS)から楽曲をダウンロードできる。

ここ最近、新しく多機能な携帯電話が発表されています。そして、各社、音楽を重要な特徴の一つにしていますね。

僕は、「なんで、どこの会社もiTunes Music Storeと提携しないんだろう??」と思っていたのですが、さすが孫さん、インターネットとの上手な融合の仕方を知っていますね。


携帯で音楽を聴くことに関しては、「アップル、携帯から無線でiTMSへアクセスする特許を申請」で書いたように、僕としてはあまり実用性がないのですが(iPodから直でダウンロードできる方がいい)、iPodを持っていなかったり、外出時に携帯電話しか持ち歩きたくない人にとっては、ありがたい機能になるのかもしれませんね。

問題は、ハードディスクの容量でしょう。ハードディスクの容量が少なければすぐにいっぱいになってしまいますし、ハードディスクの容量が多きければ、それに比例して携帯電話のサイズも大きくなってしまうでしょう。

いまさら、でかくて重たい携帯電話はちょっと嫌ですね。。

この記事によると、Appleとソフトバンクは年内に携帯電話を共同開発するという。この携帯はソフトバンクとAppleの両ブランドを付けると見られている、とこの記事には書かれているが、情報元は記載されていない。

もし、この記事のようにAppleのリンゴマークのロゴが携帯に入ったら、Appelマニア達の物欲をくすぐるでしょうね。っていうか、僕は欲しいです!

Apple自らが、音楽/ビデオプレーヤーiPodのスタイリッシュなデザインと電話機能を組み合わせた携帯電話(通称「iPhone」)の開発に当たっているとの憶測も浮上している。

iPodのようなデザインの携帯電話ですかぁー。どんな感じなんでしょう?想像するだけでもワクワクしますね。

これからの時代は、機能だけではモノが売れない時代ですからね。デザインが良いのはもう当たり前の条件です。

個人的には、iPodのようなデザインの携帯もいいですが、Power Bookのようなデザインの携帯電話も見てみたいですね。

iPod for your Mac or PC