当サイトで使っているブログソフト【Movable Type】についての説明

※当サイトは2012年10月1日にMovable TypeからWordpressにシステムを移行しました。
当ブログをMovable TypeからWordPressに移行しました体験記!注意点を網羅!

当サイトでは、Movable Typeというブログ用のソフトウェアを使っています。

なぜ、このソフトウェアを使っているかと言うと、HTML(正確にはXHTML)とCSSとMovable Type特有のタグを使いこなせば、当サイトのようなブログっぽくないウェブサイトを自分のオリジナルなデザインで作ることができるからです。

ブログと言うと、ポータルサイトで無料で使うことができるブログを思い浮かべる人が多いと思います。

しかし、無料で使えるブログは、広告が入ったり、デザインが自由にできなかったりしてしまいます。

また、そのポータルを運営している会社が潰れてしまえば、ブログ自体がなくなってしまう可能性もあります。
(ライブドアショックの時に、ライブドアブログを使っている多くの人は、今後ライブドアブログが使えなくなるんじゃないかと心配していました。今でも安心ではないとは思いますが。。)


こういった不安を感じながらブログを運営したくなかったので、レンタルサーバーを借りて、そこにMovable Typeをインストールして、このサイトを作りました。

また、自分のオリジナルアドレスでブログを運営したいという思いもありましたね。

Movable Typeの歴史は、2001年9月11日のアメリカの同時多発テロの後から始まったと言われています。

同時多発テロ後にアメリカの多くの国民がブログを使って自分の意見や考えを発するようになりました。
当時、Movable Typeは無料でダウンロードして使え、しかも性能も良かったので、あっというまに広がったようです。

僕は2000年からサイト制作の仕事をし、多くの企業のサイトを作りましたが、ブログを始めたのは、2004年2月からです。
その時、始めてMovable Typeを使ってブログを作りました。

当時は、英語版しかなかったのですが、その後、日本でブログの認知度が高まり、ブログユーザーが増えたことによって、Movable Typeの日本法人が設立され、Movable Typeの日本語版も使えるようになりました。

性能や使い勝手もスパム対策も、昔に比べたら格段によくなりましたね。

Movable Typeを使いこなすのは難しいと思われていますが、ロリポップ!レンタルサーバーを使えば、かなり詳細なマニュアルがあります。

このマニュアルを見ながらインストールすれば、インターネット初心者でもできると思いますね。

ただし、インストールができたとしても、当サイトようにオリジナルなデザインやレイアウトにするためには、HTMLとCSSとMovable Type特有のタグに関する知識が必要です。

僕はHTMLとCSSに関しては、仕事で普通に使っていたのですが、Movable Type特有のタグに関する知識はゼロでした。。

しかし、以下の書籍で勉強しました。

Movable Typeスタイル&コンテンツデザインガイド—コンテンツ管理システム(CMS)ツールとしてのMovable Type活用術&実践サイトデザイン術
Movable Typeスタイル&コンテンツデザインガイド—コンテンツ管理システム(CMS)ツールとしてのMovable Type活用術&実践サイトデザイン術

この書籍は、Movable Typeをカスタマイズするために、Movable Type特有のタグについての詳細な説明があります。

他にもMovable Typeに関する書籍はたくさんあると思いますが、僕はこれ1冊で勉強しました。

以下のように考えている人には、Movable Typeはオススメですね!

(1)オリジナルデザインのブログを使いたい。

(2)無料ブログに表示される広告が嫌い。

(3)オリジナルアドレスでブログを運営したい。

(4)無料ブログを使っているが、記事を書く時間によっては、サーバーが重たくて更新できない。
(夜の11時前後は、多くの人がブログを書いているので、重たくなる傾向があるようです。)

(5)普通のHTMLのサイトだと、更新や修正があった場合に、関連する全てのファイルを修正しなければならないので、時間と手間がかかってしまうので大変だと思っている。
(ブログはHTMLがテンプレート式になっているので、更新や修正も楽です!)

企業の場合は「通常ライセンス(有料)」、当サイトのように個人で使う場合は「個人ライセンス」になります。