読売新聞 W杯日本vsクロアチアの読者採点

YOMIURI ONLINE「川口 7.87で最高点:ニッポンのMVP〜クロアチア戦 : あなたも監督 ベストチョイス : ワールドカップ2006」より

読売新聞がインターネットを通じて行った日本—クロアチア戦の読者採点(10点満点で別表の数字は平均点)の結果がまとまりました。最高はPKを見事に止めたGK川口(磐田)の7・87。最も評価が低かったのは、決定機を逃した柳沢(鹿島)で、3・29でした。

最高点が川口で、最低点が柳沢というのは、クロアチア戦を見たままの結果ですね。

日本が決勝リーグに進むには、次のブラジル戦で最低でも2点差をつけて勝たなければならないようなので、柳沢と高原のツートップはブラジル戦では見たくないですね。。

僕としては、大黒と巻のツートップでいって欲しいです。そして、中盤では小野伸二と稲本を使ってほしいです。


とにかく、ゴールに向けてどんどん打ち込んで欲しいですね。得点力の低い日本代表がブラジルに対して2点以上をとるということは、今まで通りやっていたら不可能だと思うので、今までの100倍くらいの攻める姿勢を見せてほしいです。

そして、もっと感動させてほしいですね。ここまできたらもう結果はどうであれ、見ている人、応援している人を熱くさせてくれるような試合内容であって欲しいですね。

投票はヨミウリ・オンライン、携帯サイト「読売・報知・巨人」で行われ、応募総数は333人でした。

以下、投票結果です。

川口 能活:7.87
加地 亮:6.15
宮本 恒靖:4.44
中沢 佑二:6.22
三都主 アレサンドロ:5.30
福西 崇史:5.17
稲本 潤一:5.97
中田 英寿:6.60
中村 俊輔:5.54
小笠原 満男:5.39
柳沢 敦:3.29
高原 直泰:3.82
玉田 圭司:4.15
大黒 将志:4.50
ジーコ監督の采配:4.66