サッカーワールドカップ 日本vsブラジル 1対4で完敗&2010年ワールドカップについて

気合いで3:50に起きたのですが、残念な結果に終わってしまいました。

サッカーワールドカップドイツ大会、日本vsブラジルは1対4で負けてしまいました。完敗でしたね。。。

ただ、はじめてすっきりとする日本のゴールが見れてよかったです!スカっとしました。目が覚めましたね。

オーストラリア戦での中村のゴールは誤審という声もありましたからね。

ALEXが攻めて、玉田が良いポジション取りをして、絶妙のパスと豪快なゴール!
やっぱり、ドリブルで攻められるというのは、強いですね。相手のディフェンスも崩れますからね。

それにしても、前半ロスタイムのロナウドのゴールが痛かったです。。


後半は、もう完全にブラジルペースでしたね。。。

特に、ブラジルの2点目のジュニーニョ ペルナンブカーノのシュートはすごかったです。

まったく、ボールが回転してなかったですね。野球でいうと、ふらふらと揺れるナックルボールみたいな感じでした。

さすがの川口も反応できませんでした。川口の視点のカメラワークでもう一度見てみたいですね。どれだけ、揺れてるんだろう?

僕は、後半から中村の変わりに小野伸二を出してほしかったですね。中村の動きが前半・後半共にすごく悪く感じました。

DFはもうボロボロでしたね。坪井がもっとやってくれると思っていたのですが、力を出し切れなかったみたいですね。やはり、宮本がいないとまとまらなくなってしまうのしょうか。

それに反して、ブラジルのディフェンスは固いですね。オーストラリアもクロアチアも1点もとれなかったですからね。

まぁ、振り返ると、調子の悪かったロナウドが決勝リーグに向けて調子を上げるための試合になってしまったような感じでした。ロナウドは決勝リーグでがんばって欲しいですね。

クロアチアvsオーストラリアは2対2のドローだったので、これでグループFでは、ブラジルとオーストラリアが決勝リーグ進出です。

オーストラリアには、今大会の台風の目になって欲しいですね。

次回のワールドカップの予選では、オーストラリアもアジア予選に参加するらしいので、またひとつ強敵が現れたという感じです。

日本代表には、4年後に期待です。敗戦や失敗から方が、得るものや学ぶことは多いと思うので、4年後には生まれ変わった日本代表であって欲しいですね。

とりあえず、もっと世界に出る選手が増えてほしいですね。言葉や文化が違う国でサッカーをして、メンタル的に強い選手が増えれば、技術はあると思うので、もっと良い結果が出るのではないでしょうか。

そして、4年後のワールドカップは現地に応援に行きたいですね。

2010年のワールドカップは南アフリカで開催するそうです。

南アフリカは南半球なので、オーストラリアと同様に、日本とは気候が逆ですね。ということは、6月、7月の南アフリカは真冬。

南アフリカの気温が気になったのでさっそく調べてみると、ウィキペディアではこのように書いてありました。

夏期は10月から3月、冬期は5月から8月である。地域による差はあるのだが、一年を通じて気候は比較的温暖で日照時間が長い。
しかし、海岸部以外は高地なため同緯度の国に比べやや気温は低い。国全体の平均気温は、冬が0度から15度、夏が20から40度と差が大きい。

0〜15度ということは、けっこう寒いですね。。ちなみに、今日の南アフリカの気温はexcite天気によると、最高気温が18度、最低気温が4度で晴れということです。やっぱり、ちょっと寒いですね。

南アフリカは新興経済国BRICs(ブラジル、ロシア、インド、中国、南アフリカ)の1国として、近年の経済発展も注目されている国です。2010年のワールドカップ開催で、より南アフリカの経済は発展しそうですね。