Microsoft MP3プレーヤー「Zune」の詳細を発表

ITmedia『iPod対抗「Zune」の詳細が明らかに——Microsoft、スペックを公開』より

Microsoftが9月14日、デジタルメディアプレーヤー「Zune」のスペックを公開した。容量は30Gバイト、本体の色は黒、白、茶色の3色。音楽、写真、ビデオの保管、再生が可能。Wi-Fi機能を持ち、3インチのカラー液晶と、FMラジオチューナーを内蔵している。米国での発売はクリスマスシーズンになる見通し。

新しいiPodが発表された次の日に、マイクロソフトが「Zune」の詳細を発表しましたね。世の中が新型iPodで盛り上がっている中、意図的にこの日を選んだのでしょうか?それとも、前から決まっていたのかな?

新型iPodの熱が冷め始めてから、「Zune」の詳細を発表した方が話題性があったのように感じるのは、僕だけでしょうか?


マイクロソフトの「Zune」の本体デザインはこんな感じになりました。

Zune

アメリカの一部のブログでは、デザインは良いと言っている人もいるようですが、僕はすごくチープな印象を受けてしまいました。。。

デジカメの広告写真で経験したことがある人もいるかもしれませんが、写真と実物が全然違うことってありますよね。

写真ではかっこいいのに、実物を見てみたらがっかりみたいな。。

僕は写真の仕事もちょっとやったことがあって、ワインボトルの写真などを撮影したこともあるので、ある程度分かるのですが、照明次第でいくらでも格好良く撮ることはできるんです。

僕は、「Zune」のこの写真を見た時に、「実際に実物をみたら、すごくチープな印象を受けるんじゃないかな??」と思ってしまいました。。

早く、実物が見てみたいですね。

ワイヤレス接続により、Zune同士での楽曲や写真の共有が可能だが、相手から受け取った曲は3日間で3回までしか再生できない。その曲が気に入った場合は、改めて自分で購入することになる。

この機能はおもしろいなぁーと思いましたね。友達が「おいっ!この曲聞いてみろよ!クールだぜ!」みたいな感じでオススメすることができますからね。

だた、2つ程、壁があると思いました。

まず、友達も「Zune」を使っていなければならない。。この時期に発売して、いきなり、携帯音楽プレーヤーの市場で大きなシェアを取ることは考えられませんし、僕の周りのiPodやその他の携帯音楽プレーヤーを使っている友達が「Zune」に乗り換えるとも思えません。。

2つ目は、「Zune」はWi-Fi機能を持っているが、「Zune」本体で曲を買うことはできないこと。いくら、友達からオススメ曲をもらって気に入っても、パソコンで購入しなくてはならないことに壁を感じてしまいます。

携帯電話でのインターネットがなぜこれほど広まったかを考えると、その場ですぐに着メロなどがダウンロードできて、友達に自慢できたりできるからです。

このことを考えると、パソコンを立ち上げないといけないということは、一つの壁になると思います。

Microsoftが同時に立ち上げる「Zune Marketplace」から、楽曲を購入、ダウンロードすることができる。また月額一定料金を支払い、無制限にZune Marketplaceからのダウンロードが可能になる「Zune Pass」もある。

「Zune Pass」はいくらになるのでしょうか?この価格設定次第で、かなりユーザーを取り込めるような気がします。(利益が出る出ないは別ですが。。)

Zune Marketplace

「Zune Marketplace」は、iTunesから音楽やビデオのファイルを自動的にインポートできるように、音楽のファイル形式はWMA、MP3、AAC、ビデオのファイル形式はWMV、MPEG-4、H.264をサポートしているようです。

しっかり、iPodからユーザーを奪う用意はしているのですね。

ただ、僕は以前もこのブログで書いたと記憶していますが、「Zune」が発売されてもiPodユーザーで「Zune」に乗り換えるユーザーは、かなり少ないと思っています。

むしろ、iriverやsonyなどと、顧客の取り合いになるのではないか?と思っています。