ボーダフォン 番号ポータビリティの手数料を発表

CNET Japan『ボーダフォンも「携帯電話番号ポータビリティ」転入手数料を無料に–3社出そろう』より

ボーダフォンは8月31日、10月24日から開始される「携帯電話番号ポータビリティ」(MNP)を利用して、他の携帯電話事業者からボーダフォンへ転入、ボーダフォンから他の携帯電話事業者へ転出する際の手数料について発表した。

これで、ドコモ、au、ボーダフォン(10/1から「ソフトバンクモバイル」)の3社の番号ポータビリティの手数料が発表されましたね。


3社とも、転入時の手数料は無料ですが、他社への転出時の手数料と契約事務手数料がかかります。

他社への転出時の手数料は、3社ともに2,100円です。

契約事務手数料は、ドコモが3,150円、auとボーダフォンが2,835円となり、ドコモがちょっとだけ高いですね。

ということで、他社へ移るには、約5,000円+機種料金ということになりますね。

3社ともに、通話料や定額制の金額争いはしたくないと思いますが、auを使っている僕としては、色々な機能をつけるよりも、定額制の上限料金をもっと安くしてほしいです。。