ソニー、タッチパネル操作と画像に文字やイラストが描けるサイバーショット新機種発売

CNET Japan『ソニー、タッチパネルで操作できるデジタルカメラ2機種を発売』より

ソニーは9月11日、小型デジタルカメラ「サイバーショット DSC-T50」および「サイバーショット DSC-N2」を、10月13日に発売すると発表した。

僕は今回のサイバーショットはかな売れるんじゃないかと思います。

なぜなら、液晶パネルで写真に文字やイラストが描けるから。

サイバーショット DSC-T50


先日、友達の女の子が同じく液晶パネルで写真に文字やイラストが描けるデジカメを買っていたんですよね。

どこのメーカーのデジカメかは忘れてしまいましたが、写真に文字やイラストが描けるという理由だけで買っていました。

若い女の子たちにとっては、これはかなりの付加価値になるでしょうね。

どんなものにも、自分流のカスタマイズを好み、自己主張することを楽しむ若い世代には、こういった文字やイラストが描けるデジカメは、すごく良い狙いだと思いますね。

ただ、今回の新しいサイバーショットで残念なのが、前回あったボディーがピンク色のモデルがないこと。

若い女の子としては、あのピンク色が一番人気なのではないでしょうか。

サイバーショット DSC-T50

DSC-T50は、有効画素数720万画素の1/2型Super HAD CCDを搭載しており、光学ズームは3倍、液晶は3.0型のタッチパネルとなっている。

デジカメの液晶をタッチパネルで操作するというのも新しいですね。

060912_2.jpg

商品が出尽くしている感があるコンパクトデジカメですが、まだまだ発想しだいでは差別化できそうな感じですね。