アマゾン プリペイドカード「Amazon ショッピングカード」の販売

シブヤ経済新聞『アマゾンがプリペイドカードを世界初導入−サプライズも』より

アマゾンジャパンは10月3日より、ローソンなどのコンビニエンスストアで、世界初の前払い式カード「Amazon ショッピングカード」の販売を開始する。

僕はけっこうアマゾンで本を買いますが、その際はクレジットカード払いですね。

「オンラインショッピングでプリペイドカードってどうなんだろう??」と思ったのですが、贈り物としてもらったらうれしいですね。

逆に、オンラインショッピングをしたことがない人にプレゼントしたりして。

カードは、3,000円(白)と5,000円(黒)の2種類。裏面には各カード個別の16けたのコードが書かれており、スクラッチ部分を削りコードを確認後、Amazon.co.jpのPC・モバイルサイトに番号を入力すると、商品が購入できる仕組み。

このプリペイドカードには、有効期限はないようです。また、その他の決済方法と組み合わせることもできるそうです。なかなか、柔軟性があるカードですね。

同社ではカード発売のキャンペーンとして、サービス開始から1年間、100枚に1枚の割合で設定金額以上の買い物ができるサプライズカードを発行。カードは、3,000円で4,000円分、5,000円で7,000円分の買い物ができるもので、当選はコード番号入力時に確認できる。

なんだか、ビックカメラの「100人に1人タダ!」みたいで面白いですね。ちなみに、僕はビックカメラの「100人に1人タダ!」に2回ほど当たったことがあります。

店員曰わく、「2回も当たった人はいないんじゃないか」と。

話がそれましたが、今回のアマゾンのプリペイドカード「Amazon ショッピングカード」のように、オンラインショップがオフラインを使って、集客・新規顧客獲得をしていくという展開は、今後も増えそうですね。

オンラインショップのマーケティングはオンラインに限定する必要はないですからね。