ロシアで外国人排斥運動が激化。多数のアジア人が殺害される。

イザ!『露で相次ぐ外国人殺害 多くは無罪、国民も6割“支持”』より

外国人排斥を旗印とする排他的な民族主義が高揚するロシアで外国人殺害事件が増加。報道によると、プーチン大統領のおひざ元、旧都サンクトペテルブルクだけで昨年39人が殺害された。しかも事件の容疑者の若者たちの多くが裁判で事実上の無罪を勝ち取っている。

なんだか、ロシアがおかしな方向へといっていますね。。。

ロシア国民の6割が外国人排斥の動きを支持しているという世論調査結果も出ていて、危険水域に達したとの見方も出ているそうです。

今のロシアには行かない方がよさそうですね。。特に、モスクワとサンクトペテルブルクで外国人の殺害が多いようです。

サンクトペテルブルクは民族主義者のロシアの若者たちによる外国人殺害事件が最も多いとされる。今月17日、同市地区裁判所は、一昨年10月に同市でベトナム人男子留学生を殺害した容疑者の若者たち17人に対し無罪判決を言い渡した。このうち9人は、殺人事件とは無関係の盗みなど「不良行為」で有罪となっただけだった。

人間を殺しておいて、無罪はないと思いますが。。。

もう、裁判機能が破綻している状態なんでしょう。

背景としては、ロシアの若者たちに同情的な陪審員たちが多い、そして、警察当局の捜査要員の水準低下などの問題があるということです。

今年8月21日、モスクワ東部チェルキゾフ市場の爆発事件では、市場で働く中国人ら13人が死亡したが、軍事・愛国主義クラブのリーダーの一人が、犯行に及んだロシア人学生らに「目障りなアジア人たちを殺せ!」と無差別殺人を指示していたという。

同じアジア人の日本人も、殺された中国人と同じ被害に合う可能性が充分にあるので、まともなロシアに戻るまでは、本当にロシアには旅行なんてできないですね。。

仕事で行く人とか、どうするのでしょうか??

同じ社会主義の中国は今や、経済大国となっているのに反して、ロシアは迷走している居ます。。

この違いの原因ってなんなんでしょう?