Sonyの無線LAN端末「mylo(マイロ)」が日本でも登場

CNET Japan『Skypeも音楽も楽しめる!ソニー、フルキーボード搭載端末「mylo」が日本でも登場』より

ソニーは10月18日、手のひらサイズの携帯デバイス「“mylo”(マイロ)COM-1」を12月中旬より発売すると発表した。

「mylo(マイロ)」は、今年の8月にアメリカで発売されたソニーの携帯デバイスですね。名前の由来は、「my life online」ということです。

mylo(マイロ)

当ブログでも以前、「米Sony 無線LAN機能とウェブブラウザを内蔵した携帯デバイス「mylo」発売」という記事で紹介しました。

「日本でも発売したら売れるんじゃないかなぁー」と個人的に思っていた商品です。

僕としても、かなり気になる携帯デバイスですね。

ワイヤレスLAN環境下で使用する商品のため、当初はソニーのダイレクトショップ「ソニースタイル」、電話購入相談窓口、ソニースタイルの直営店もしくは提携店のみで販売を開始するという。発送は2007年2月上旬を予定している。価格は4万5000円。

発売は12月中旬なのに、発送は来年の2月なんですね。。。なんだか、ずいぶん、時間差がありますね。。買ったらすぐに手元に届く体制を作ってほしかったですね。。

アメリカでは349.95ドルで販売されているので、1ドル120円で計算しても4万2000円ですよね。
ソニーは日本のブランドなんだから、4万円ジャストくらいで販売して欲しかったです。。

myloは、バックライト付きの2.4型のTFTカラー液晶を搭載している。重さは約150g、サイズは幅123mm×高さ2.9mm×奥行63mmと小型軽量ながらも、スライド式のキーボードを搭載している。

手のひらサイズの大きさで、重さも150gと軽いですね。

携帯電話やPHSといった通信回線は持たないため、自宅やホットスポットなどのワイヤレスLAN環境に接続して使用する。フルブラウザを搭載しており、ウェブサイトの閲覧はもちろん、あらかじめGoogle TalkやSkypeがインストールされているため、チャットやインターネット電話も楽しめる。また、音楽やビデオ映像、写真も再生できる。

バッテリーの駆動時間はウェブ閲覧時で約7時間、Skypeの連続通話は約3時間、そしてPCとの連携用にUSBポートも備えているということです。

パソコンのモデムにもなるんですね。

「mylo(マイロ)」の機能は、2006年10月現在では、目新しい感がありますが、発送する月の2007年2月くらいには、携帯電話で同じようなことができる機種がけっこう発売されてそうな気がしないでもないですね。

できれば、今月中にも店頭に並んで欲しかった商品ですね。。2007年2月では、ちょっと遅いような。。。

なんで、日本のソニーの商品なのに、アメリカと同じ今年の8月に日本でも販売しなかったのか?もしくは、販売できなかったのだろう?と思ってしまいました。。

パーソナルコミュニケーター“mylo(マイロ)”

mylo(マイロ)ブログ