ソフトバンクモバイル 10月26〜31日までの料金請求せず

FujiSankei Business i.『ソフトバンク 料金6日分請求せず 携帯新プラン混乱で』より

ソフトバンクモバイルは17日、携帯電話の番号ポータビリティ(番号継続制)開始に合わせて導入した新料金プランについて、10月26日から31日までの期間の基本使用料、メール・通話料、ネット通信料を請求しないと発表した。

ソフトバンクモバイルが携帯電話契約の受付業務停止などのトラブルが発生した期間の料金を請求しないと発表しました。

料金を請求しない対象者は9万人、総額で5000万円ほどになるということです。

対象となるのは「通話・メール0円」とうたった「ゴールドプラン」(予想外割)と、NTTドコモと「au」の基本使用料よりも常に210円安くする「ブループラン」「オレンジプラン」の3つの新料金プラン。

ソフトバンクモバイルの展開は賛否両論だと思いますが、僕個人的には携帯業界を面白くしているし、携帯料金の低価格化のトリガーになってくれることを期待していたりするのですが、金銭面で大丈夫なのかな??という不安があったりします。

ソフトバンクモバイルの定額制は、それなりにユーザーがソフトバンクモバイルに流れてくることを前提にしていると思います。なので、ユーザーが増えなかったら、それが逆に時限爆弾にもなるのかなと。

また、今後、ドコモとauと戦っていくためには、基地局の増強やCMでの露出など、莫大な資金が必要です。

そういう意味では、長期戦ではなく、スタートダッシュである程度のパフォーマンスを発揮できないとつらいのではないでしょうか。