番号ポータビリティ 10月はauの一人勝ち

FujiSankei Business i.『KDDI断トツ20万件、10月携帯純増数 MNPで圧倒 』より

電気通信事業者協会が8日発表した10月末の携帯電話契約数によると、新規契約から解約を差し引いた純増数はKDDI(auなど)が20万600件となり、NTTドコモの4万800件、ソフトバンクモバイルの2万3800件を大きく引き離した。

3社ともに、携帯電話契約数は伸ばしていますが、10/24から始まった番号ポータビリティによる契約変更だけを見ると、auは10万2000件の増加、逆に、ドコモは7万3000件の減少、同じくソフトバンクモバイルも2万3900件の減少ということです。

番号ポータビリティは始まったばかりですが、とりあえず、序盤戦はauの一人勝ちというところですね。


でも、トータルの契約数を見ると、それほどの移動率でもないことが分かります。

以下、各社の10月の契約数です。

ドコモ       :5214万3700件
au        :2660万3100件
ソフトバンクモバイル:1533万800件

以下、各社の10月のシェアです。

ドコモ       :55.4%(0.1ポイントダウン)
au        :28.3%(0.2ポイントアップ)
ソフトバンクモバイル:16.3%(横ばい)

ドコモはまだ半分以上のシェアを握っていますし、番号ポータビリティで7万3000件の減少ですが、ドコモとしては、それほど大きな解約数ではないようですね。

ただ、番号ポータビリティはまだまだ始まったばかりなので、年末商戦でどの程度動きがあるかに注目したいと思います。