mixi(ミクシィ) ページビュー、利用時間ともに初の減少

IBTimes『mixiページビュー、初の減少へ』より

これまで大幅に成長を続けてきたSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)サイトmixiの利用者数が伸び悩んでいることが分かった。10月のmixiの利用者数は約520万人で、前月対比約8万人増にとどまり、ページビューは、同7919万4000ビュー減の約27億3360万5000ビューと初の減少に転じている。

mixi(ミクシィ)のページビュー数が初の減少ということですが、僕としては、会員数の増加率の方に目がいってしまいます。

以前書いた記事「mixi(ミクシィ)会員登録数が500万人突破、女性の比率が5割超える」には、会員数が200万人から300万人が84日、300万人から400万人が75日、そして、400万人から500万人が70日で増えたとあるですが、この記事を書いたのが今年の7月27日です。

それから、約3ヶ月後の10月の段階でのmixi(ミクシィ)の利用者数は520万人なんですね。

今までの会員増加のスピードに比べて、圧倒的に新たに会員になる人が減っていることが分かります。

インターネット人口には限りがあるので、どこかで頭打ちになるのは当然ですが、それにしても、mixi(ミクシィ)に新会員になる人の減り具合は、目立ちますね。


ただし、ページビューランキングでは、ヤフーに次ぐ第二位のページビュー数ということなので、未だ、多くの人からアクセスされているサイトということには変わりはないと思いますが。

mixiのひとり平均の月間利用時間も3カ月連続で減少し、209分(前月比7分減少)となった。こちらも、上位100ドメイン中でyahoo.co.jpに次ぐ第2位と、利用者数とページビューにおいては、その他のSNSサイトを圧倒している。

ちなみに、mixi(ミクシィ)は株価も徐々に下がっています。株価は将来に対する期待値なので、株主もmixi(ミクシィ)の将来には疑問を持っているのかもしれませんね。

ただ、会員の伸び率だけを見たら、mixi(ミクシィ)の将来に疑問になるのも当然かもしれません。

また、アメリカで最も多くの人に使われている「MySpace」が日本にも上陸したので、今後はmixi(ミクシィ)と「MySpace」による会員の奪い合いもあるでしょうしね。