2006年のドコモの有料コンテンツの情報料が2000億円に

FujiSankei Business i.『ドコモが情報料2000億円達成へ エンタメ系有料コンテンツが牽引』より

NTTドコモの携帯電話ネットサービス「iモード」の有料コンテンツ(情報の内容)の情報料は、2006年度に2000億円に達する見通しだ。

ドコモのiモードの有料コンテンツの情報料が、2004年が1600億円弱、2005年が1800億円強、2006年は2000億円に達する見通しということです。

毎年200億円規模で市場が拡大しています。

ちなみに、1999年に67サイトでスタートしたiモードの公式サイトは、現在では約7800サイトもあるということです。

9月の情報料の内訳をみると、最も多かったのが「ゲーム」で全体の23・2%を占めた。これに、22・7%だった「着信メロディー/カラオケ」、15・6%だった「着うた/着モーション」などが続く。

電車やバスに乗っていても、携帯ゲームをやっている人って多いですよね。

ちなみに、5年前は半分以上が「着信メロディー/カラオケ」の利用者だったということです。