松山ケンイチ扮する「L」が主役のデスノート 2008年に公開

イザ!『デスノートに外伝!今度の主役は“L” 再来年に上演』より

今度は「L」が主役-。映画「デスノート」のスピンオフ作品が製作されることが11月30日、決まった。6月公開の「デスノート」、公開中の「デスノート the last name」で俳優、松山ケンイチ(21)扮する謎の天才「L」が想像以上の人気キャラクターとなったため、原作にはないストーリーが掘り起こされることになった。平成20年公開の予定。

僕は「デスノート the last name」を映画館に見に行きましたが、「L」は良い味だしてましたねー。

完全に、「L」役の松山ケンイチがライト役の藤原竜也を食っていたように、僕の目には映りました。

そんな、「L」が主役のデスノートが公開されます。すごく楽しみですが、公開が平成20年ということは、再来年の2008年ということですよね。

できれば、来年中にやってくれればいいのに。。再来年になったら、今のデスノートの熱はかなり冷めているのではないでしょうか。。

スピンオフ作品は、現在のところ、Lが主役ということ以外はすべて白紙の状態。タイトルも未定。「デスノート」以前のエピソードが中心になるとみられるが、月との絡みの有無などはすべて謎のままだ。

誰が脚本を書くのでしょうか?

原作漫画「DEATH NOTE」は累計2300万部の大ベストセラー。映画「デスノート」は興収28億5000万円に達し、ハリウッドを含む海外数十社からリメークのオファーが殺到している。11月に公開された後編「-the last name」は同40億円を突破するなどさらに勢いを増している。

ハリウッドのリメーク版「デスノート」も見てみたい気がします。