アメリカの雑誌「TIME」の「今年の人」は”あなた”

ITmedia『TIME誌も「あなた」を重要人物に』より

米TIME誌が2006年の「Person of the Year(今年の人)」に選んだのは「あなた」だった。

2005年の雑誌TIMEの「今年の人」はビル&メリンダ・ゲイツ夫妻とU2のボノでしたが、今年は”あなた”ということです。

同誌はオンラン百科事典Wikipedia、動画投稿サイトYouTube、ソーシャルネットワーキングサービス(SNS)MySpaceなどにおける「かつてない規模のコミュニティーとコラボレーション」活動を挙げ、「グローバルメディアの手綱を握り、新しいデジタル民主主義の枠組みを作り、無償でプロに負けない仕事をしている」“あなた”が今年の人に選ばれたとしている。

参加型のコミュニティウェブサイトが一気に花開いた2006年ということで、そこに参加する”あなた”が「今年の人」ということみたいですね。

ブログを代表して、個人が情報を発信することが当たり前になり、さらに、オンラインで個人の情報を共有するSNSや動画共有サイトも一般的なものになりました。

今後は、情報を発信する側と受け取る側で、生活に差が付くのかもしれませんね。

また、2007年の「今年の人」を予測したりすると、すごく勉強になりそうです。