PS3 計画より半月遅れで国内100万台販売を達成

FujiSankei Business i.『ソニー 「PS3」出荷計画半月遅れ 誤算の国内100万台 』より

ソニー・コンピュータエンタテインメントは16日、新型家庭用ゲーム機「プレイステーション(PS)3」の国内出荷台数が同日、100万台を超えたと発表した。北米では目標の2006年内出荷100万台を達成したが、日本では目標に掲げた06年内100万台には届かなかった。

ソニーのPS3より出荷日が遅かった任天堂のWiiは、2006年内に100万台を突破しましたが、とうとうPS3も販売数100万台を突破したようですね。


やはり、ハードが売れないと、ゲームソフト会社は、そのハードのゲームソフトを作りたいとは思わないでしょうからね。

実際、ゲームソフト会社の中には、PS3用のソフトよりも、1億台を出荷したPS2用のソフトを今でもメインに作っているという流れもあるようですからね。

ハードが売れないとソフトが充実しない、ソフトが充実していないとハードが売れない。

これが、ゲーム業界の悪のスパイラルですね。