Google 通信業界の時価総額No.1企業、中国China Mobileと提携

CNET Japan『グーグル、China Mobileと提携–中国でモバイル検索を提供へ』より

GoogleがChina Mobileと提携し、China Mobileのインターネットポータル上でモバイル検索機能を提供することとなった。

Googleが中国のChina Mobile(チャイナモバイル)と提携しました。

この提携は、Googleにとっては、auとの提携よりも何倍も意味のある提携なんでしょうね。

なんといっても、中国のChina Mobile(チャイナモバイル)は、世界の通信業界の中でナンバーワンの時価総額を誇る企業ですし、中国は携帯電話の世界一のマーケットですからね。


世界の主要通信会社の時価総額トップ12は以下の通りです。

1位:チャイナモバイル(中国)
2位:ボーダフォングループ(イギリス)
3位:AT & T(アメリカ)
4位:ベライゾン・コミュニケーションズ(アメリカ)
5位:NTT(日本)
6位:ドイツテレコム(ドイツ)
7位:フランステレコム(フランス)
8位:KDDI(日本)
9位:ソフトバンク(日本)
10位:SKテレコム(韓国)
11位:チャイナユニコム(中国)
12位:チャイナネットコム(中国)

NTTでさえ、世界では5位なんですね。ちなにみ、チャイナモバイルの時価総額はNTTの約2倍あります。。

世界の通信業界の時価総額の詳細はこちらのページをご覧下さい。