ベッカム、米ロサンゼルス・ギャラクシーに移籍

朝日新聞『ベッカム、ロサンゼルス・ギャラクシーに移籍へ』より

スペインサッカーのレアル・マドリードに所属するMFデービッド・ベッカム(31)は11日、8月から米国のプロリーグMLS、ロサンゼルス・ギャラクシーに移籍することを決めたと発表した。

あのベッカムがアメリカのロサンゼルスのチームに移籍が決まったようですね。

サッカーの有名選手がアメリカに移籍って、めずらしいですね。

アメリカではサッカーはそれほどメジャーではなく、ベースボールとアメリカンフットボール、バスケットボールが3大スポーツですからね。

ちなみに、ベッカムの移籍金は約298億円、契約期間は5年ということです。

ベッカムは「いくつかの可能性を考慮し、家族と相談した結果、決断した」というコメントを発表。ロサンゼルス・ギャラクシーの本拠には自身が経営するサッカースクールがあり、オーナーとも親しいと言われている。

ロサンゼルスはすごく住みやすい都市ですからね。

年間通して、気温もあったかいですしね。

ベッカムがロスに行くことで、かなりの経済効果も期待されているようですね。

今回の移籍金298億円以上の見返りがあると噂されているようです。

ただ、サッカー選手としてはどうなんでしょうか?

ヨーロッパのサッカーと比べたら、アメリカのサッカーは質が落ちますよね。

そんな中でプレーしていたら、サッカー選手としての実力は今以上に伸ばすことは難しそうな気がしないではないですが。。