将棋ソフト「ボナンザ」vs渡辺明竜王

イザ『再現「最強電脳ボナンザvs竜王・渡辺」史上初の公開平手対極』より

世界最強のコンピューター将棋ソフト「ボナンザ」と、将棋界の頂点に君臨する渡辺明竜王(22)の公開対局が21日、東京都港区のホテルで行われた。コンピューターとプロのトップ棋士が公の場で平手で対戦するのは史上初。ボナンザの的確な判断で勝負はもつれたが、最後は112手で竜王が勝ち、人間サマの実力を見せつけた。

この対戦は僕がとても楽しみにしていた対戦です。

チェスの世界では人間の世界チャンピオンがコンピューターに負けています

将棋はチェスよりも複雑ということで、まだ人間の優位性が叫ばれていましたが、とりあえずは、案の定、渡辺明竜王が将棋ソフト「ボナンザ」に勝ちましたね。

それにしても、渡辺明竜王が22歳に見えないのは僕だけでしょうか。。。

中盤、ボナンザの強固な陣形に、攻めあぐねる竜王。ボナンザが時折繰り出す想定外の攻めに、竜王が席を離れる場面もみられた。

けっこう、いい勝負だったようですね。最終的には、ボナンザがイージーミスをしたようです。

もしそのミスがなかったら??どうなっていたのでしょうか?

日本将棋連盟によると現在、トップレベルの将棋ソフトはアマ六段ぐらいの棋力とされる。戦前の予想では「10万回やって、ソフトが1度勝つかどうか」(同連盟職員)とされていた。

アマ六段ぐらいとされていた将棋ソフトのボナンザに、渡辺明竜王がなぜこれほど苦戦をしたのか?

それは、将棋ソフト「ボナンザ」の計算速度を今回の対戦に合わせて5倍にしたからということです。

ふと、思ったのですが、もし10倍にしていたらどうなっていたのしょうか?

さらに、人間の直感のように選択をするプログラムを追加したということです。

ほかのプロ棋士が公開対局に尻込みする中、あえて挑戦を受けて立った竜王は「わざと攻めさせて、ほころびを待つワナを何度か仕掛けたが、乗ってこなかった。すごく冷静だった」と証言。「さらに表情も読めないので、すごい手が隠されているのではと正直、不安だった」と対局中の心理を明かした。

なんだか、この渡辺明竜王の発言を聞いていると、背筋がゾッとしてしまいます。

人間とコンピューターの大きな違いの一つに表情があります。

表情が読めない相手との勝負って、すごい恐いと思いますね。

おまけに、コンピューター相手に冷静さを感じたりして。

最後に、将棋ソフト「ボナンザ」を開発した保木邦仁さんのコメントです。

「勝負を分けた3九龍の場面ですが、コンピューターは常に盤上を広く見るようにプログラムされており、(竜王の)3九龍に対して集中して深く分析できなかったようだ。つまり人間特有の勝負勘がないということ。勝負勘を生かすようなプログラミングには、まだ時間がかかりますね」

この保木邦仁さんって、将棋のプロではないんですよね。

僕が思うに、5年後くらいには、今日のことを振り返りながら、「5年前までは人間が勝てたんだけでどねー。。。」と言っていると思いますね。

今後も、人間vsコンピューターの対決は、当ブログでも追っていきたいと思います。