携帯パケット通信で120万円の請求・・・トラブル増加

読売新聞『携帯パケット通信、高額請求のトラブル増加』より

携帯電話のパケット通信料が高額になり、トラブルになるケースが増えている。5日、国民生活センターの調べで分かった。いくら使っても一定額となる定額料金制度を利用したのに、対象外の通信だったため120万円を請求されたケースもある。

120万円ってシャレにならないですね。。

こんな請求がきたら、「1万2000円の間違いだろうっ!!」と僕なら思いそうです。

パケット通信を巡るトラブルは、毎年どんどん増えているようですね。

特に利用額が増えるのは、携帯電話をケーブルでパソコンにつないでインターネットをした場合。定額制を利用していても、主な携帯電話会社は、パソコンと接続した通信は定額制の対象外としているからだ。

これを知らないでネットをやりまくったら、すごいパケット料金になるでしょうね。

基本的に、PC向けのサイトは携帯向けのサイトに比べ圧倒的に画像が多いし、重たい画像も多いですからね。

先ほどの120万円を請求された人は、就職活動中の女子学生だったようです。

就職活動に向けて、携帯電話とPCをつないでネットで情報収集をやっていたら、120万円の請求がきたらしいです。

これでは、1年目のボーナスが全部パケット通信料の支払いでふっとんでしまいますね。。。ちょっとかわいそうです。。

他にも、20代の男性で約6時間ネットをしただけで98万円のパケット通信料請求、日本で契約した携帯電話で海外でネット接続したら13万年のパケット通信料請求などなど。。

携帯のマニュアルって分厚くて全部読むには、それなりの時間とエネルギーが必要になります。

おまけに、料金に関する大事なことは、すごく小さな文字で書かれていることがありますからね。

使う方も気を付けなければいけませんが、携帯電話会社ももっと分かりやすい説明が必要になってくるでしょう。