米アップルがDRMフリーの楽曲を本日から販売スタート「iTunes Plus」

FujiSankei Business i.『米アップル、コピーガードなしで楽曲販売開始』より

米アップルは30日、DRMと呼ばれる不正コピー防止機能を取り除き、パソコンや携帯デジタル音楽プレーヤーの機種を問わず再生できるようにした楽曲ファイルの販売を始めた。

以前、「iTunes StoreでEMI Groupの全楽曲がDRMフリーに」という記事を書きましたが、とうとう本日から米アップルがDRMフリーの楽曲販売をスタートしました。

とりあえずは、イギリスの音楽レーベルEMIのみですが、今後はこの流れが主流になって欲しいものですね。

米アマゾンも年内にDRMフリーの楽曲をダウンロード販売しますしね。


ちなみに、DRMフリーの楽曲は日本からもiTunes7.2を使えば購入することができます。

あらたに、「iTunes Plus」というカテゴリが追加されたので、そこから購入可能です!

DRMフリーの意味を知らない人にために簡単に説明しますと、今まではデジタル音楽をダウンロード購入した際には、コピーの制限などがありました。

例えば、異なるPCでのファイルコピーは5台までといった制限です。

著作権保護の目的という観点からの制限ですが、お金を払って購入したのに、その後に制限があるというのは本来はおかしいことだと個人的には思っています。

そんな制限がない楽曲のことを、DRMフリーの楽曲といいます。DRMはDigital Rights Managementの略ですね。

iTunesで購入できるDRMフリーの楽曲は音質も今までよりも良くなっています。

128kbpsから256kbpsへの高音質化です。

その分、今までは1曲150〜200円でしたが、DRMフリーの楽曲は200〜270円と少し高い価格設定になっていますが。