オーストラリア 増えすぎたカンガルーを大量射殺計画

イザ!『カンガルー3000匹射殺計画 豪国防省、過剰繁殖で』より

オーストラリアの首都キャンベラ郊外にある軍用地で野生のカンガルーが過剰繁殖しているとして、国防省が約3200匹の射殺を認めるよう、首都特別地域の政府に申請していることが15日までに明らかになった。

去年の8月に「オーストラリア カンガルーに避妊薬を与え増えすぎ防止」という記事を書きましたが、結局、大量射殺という一番行き着いて欲しくないところに行き着いてしまうかもしれません。。

首都特別地域では、過去50年間で生息数が急増、1ヘクタール当たり4・5匹以上いる場所もあるという。
国防省は「持続可能な個体数は1ヘクタール当たり1匹。個体数の過密は動物の快適な生存に深刻な影響がある」とし、専門のハンターを雇い、ベルコネン海軍通信基地で約400匹、マジュラ訓練場で約2800匹を射殺する計画だ。

僕はシドニーのブルーマウンテンで野生のカンガルーの群れを見ましたが、本当に優雅に走るんですよね。おまけに、めちゃくちゃ足が速いです!

そんなカンガルーが大量に射殺されると思うと、すごく悲しくなってしまいます。

なんで、人間は自分たちにとって不都合な存在がいると、その存在をはねつけようとするのでしょうか?

共存する道はないのでしょうか?

こういった時に共存の道を探し出すことができるくらい、人間って想像力に満ちた存在だと思うんですけどね。。

現在、首都特別地域の政府は申請を認めるかどうかを検討中ということです。

地元動物保護団体「アニマル・リベレーション」の会長は、「(射殺は)非常に残酷かつ乱暴なやり方」と反発。「デモなどあらゆる手段を使って反対運動を行う」と言っているようです。