auの「デジタルラジオ」対応携帯が契約数100万台を突破

IBTimes『auの「デジタルラジオ」対応機種累計契約数が100万台を突破』より

18日、KDDI、沖縄セルラーは、「デジタルラジオ」に対応するau携帯電話の累計契約数が、今月17日に100万を突破したと発表した。

この「デジタルラジオ」は、CD並みの高音質で音楽専門番組を聞いたり、データ放送でOA楽曲情報やアーティスト情報をチェックすることができるサービスだそうです。

動画でミュージックビデオも見れるとか。

「デジタルラジオ」の対応機種は、「W44S」「W51T」「W52T」「AQUOSケータイ W51SH」「AQUOSケータイW52H」の5機種ということです。


「デジタルラジオ」で音楽を聴いたりすることは無料ということですが、広告などは入るのでしょうか??

日本のラジオの何が嫌だって、広告が多いこと。。

これは、iTunesで海外の音楽ラジオを聞くようになってから、改めて思いましたね。

音楽聞いているんだか、広告聞いているんだか、DJのつまらない話を聞いているんだか分からなくなることがあります。。

ただ、携帯で音楽ラジオを聞くというスタイルは、今後、どんどん流行っていくでしょうね。

そうすると、iPodの最大のライバルは携帯電話ということになります。

コンパクトデジカメの最大のライバルも携帯電話、コンパクトデジタルカメラもそうですね。

そして、財布の最大のライバルも携帯電話です。

今まで、電話業界と家電業界はそれほどライバルではなかったですが、今後はボーダレスで競争が激しくなっていくことでしょう。