任天堂Wiiの国内販売台数がプレステ3の5倍に

CNET Japan『Wiiの国内販売数、PS3の5倍に–2007年5月』より

日本国内における「Wii」の販売数は、4月時点では「PLAYSTATION 3」(PS3)の4倍だったが、5月にはこの差がさらに拡大して5倍になったと、Bloombergが報じている。

このデータは、『ファミ通』を発行するエンターブレインの統計を元に出されたようです。

日本では、5月にWiiはPS3の5倍に相当する25万1794台が販売され、Xbox 360は1万1082台、PS3は正確な販売数は発表されていないようなのですが、5万台前後だと予想されているようです。


面白いのが、PS3よりもPS2のソフトの方が売れていたりしているんですよね。

「PS3」の「苦戦」尻目に 「PS2」が売れている!!

「PS3」の苦戦を裏付けるように、ソフトのほうにも変調が見え、ゲーム雑誌「週刊ファミ通」のゲームソフト販売ランキング「ファミ通TOP30」(2007年6月15日号)を見ると、トップ30本の中に「PS3」用ソフトが一本も入っていない。なんと、ランキング1位と3位は「PS2」用だった。

ゲームソフト製作会社としても、ハードの販売台数が大きいゲーム機のソフトを作りたいという考えがありますからね。

売れてないゲーム機のソフトを作っても、儲かりませんからね。

また、携帯型ゲーム機に関しても、「Nintendo DS」は5月に62万670台が販売されたのに対し、「PlayStation Portable」の販売数は12万3673台だったということです。

任天堂の圧勝状態が続いていますね。