2007年6月の携帯純増数、ソフトバンクが首位堅守

FujiSankei Business i.『ソフトバンク首位堅持…ドコモ苦戦続く』より

電気通信事業者協会が7日発表した7月の携帯電話契約数によると、新規契約から解約を差し引いた「純増数」でソフトバンクモバイルが22万4800件と3カ月連続で首位となった。

7月の携帯の純増数が発表されました。

ソフトバンクモバイルが22万4800件、au(ツーカー含む)が19万1200件、ドコモが8万1400件です。

一見、ドコモが1人負けのように見えますが、「2007年6月の携帯電話シェア、実はドコモの一人勝ち」でも書いたように、ドコモの一人勝ち状態は依然として続いていたりします。


電気通信事業協会(TCA)の「平成19年7月末現在 事業者別契約数」によると下記のようになっています。

携帯電話の契約数の合計:9,855万3,200件
ドコモ:5,292万7,100件
au(ツーカー含む):2,890万600件
ソフトバンクモバイル:1,666万5,300件

auとソフトバンクモバイルをたしても、4,556万5,900件でドコモに及びません。

純増数だけをみると、ドコモが苦戦しているように見えますが、全体のシェアでみると、どう考えてもドコモの一人勝ちです。

「1強その他」状態ですね。

でも、携帯電話会社の場合、その他でもけっこう儲かりますからね。新規参入しづらい業界なので、その他が少ないですし。