INFOBAR 2が11月下旬発売、au design project 第7弾

AV Watch『au、ワンセグ/有機EL搭載デザインケータイ「INFOBAR 2」』より

auは、携帯電話の「au design project」新製品として、ワンセグやLISMOに対応した「INFOBAR 2」を11月下旬以降に発売する。

INFOBAR 2

とうとう出ました!INFOBARの第2弾。「au design project」の第7弾です。

今回はSILVER(シルバー)、MIDORI(ミドリ)、NISHIKIGOI(ニシキゴイ)、WARM GRAY(ウォームグレー)の4色ということです。

MIDORI(ミドリ)がすごいですね。派手好きにはいいかもしれません。


INFOBARと言えば、2003年10月に「au design project」第1弾モデルとして発売され、当時としてはビックリするくらい個性的なデザインでしたが、今回は第1弾モデルのデザインを継承しつつ、丸みを帯びたデザインになってますね。

auの携帯電話がニューヨーク近代美術館(MoMA)のコレクションに選定」に書きましたが、INFOBARの第1弾モデルは、今年の1月にニューヨーク近代美術館(MoMA)のコレクションにも選ばれました。

今回の「INFOBAR 2」は4色展開ということですが、「au design project」のサイトを見ると、下記のような5色が掲載されています。

INFOBAR 2

個人的は左から2番目の白と4番目の青モデルは販売して欲しかったですね。

以下、INFOBAR 2の特徴まとめです。

・2.6型ワイド/240×400ドットの有機ELディスプレイ

・ワンセグ視聴や録画に対応

・ワンセグアンテナを本体内に内蔵

・画質補正エンジンと照度センサーを搭載

・ステレオスピーカーを搭載

・連続通話290分、待ち受け時間約350時間

・サイズは138mm×47mm×15.5mm(縦×横×厚さ)

・重量は約104g

・プロダクトデザイナーは前回同様、深澤直人さん

・おサイフケータイ対応

・LISMO対応

けっこう盛りだくさんですね。僕の携帯も最近、充電がすぐ切れてしまうので、そろそろ買い換え時です。

店頭で実物を見てみたいですね。