iPhone、2007年7月の全米スマートフォン売上No.1

CNET Japan『アップルのiPhone、7月の月間スマートフォン販売台数で首位–米調査』より

市場調査会社iSuppliが米国時間9月4日に発表した消費者調査によると、米国における7月のスマートフォン販売台数のトップはAppleの「iPhone」だったという。

アメリカのスマートフォンといえば、Black Berry(ブラックベリー)ですが、2007年7月はAppleのiPhoneの販売台数がトップだったようですね。

iPhoneが販売されたのが6/29日ですが、発売開始後30時間で27万台も販売しました。

そして、7月の販売台数は22万台ということです。

同社の米国消費者パネル調査によると、iPhoneの購入者の52%が男性であり、米国内の購入者の57%が35歳以下。購入者の約25%がモバイルフォンサービスをAT&Tに切り替えた。米国でiPhoneが利用できるのは、現在、AT&Tだけとなっている。

AT&TがiPhoneと提携してユーザー数を伸ばしたように、日本の携帯会社もiPhoneを日本に持ってこようと考えていることでしょう。

ただ、昨日のiPod touchの販売で、iPhoneの日本での販売はより遠のいたような感じがしますね。

Appleは日本ではiPhoneを販売する気はないように思えます。

無線LANを選びましたからね。

それにしても、アメリカのiPhoneの購入者は男性が52%ということですが、つまり女性が48%もいるということですよね。

けっこう、女性も買っているんですね。