マクドナルド、 「レジ袋・紙ナプキン削減」を全国展開へ

IBTimes『マクドナルド、 「レジ袋・紙ナプキン削減」キャンペーンを10月から全国展開』より

日本マクドナルドは26日、容器包装類軽量化の一環として、10月1日から2008年3月31日まで、全国のマクドナルド約3800店舗で「レジ袋・紙ナプキン削減」キャンペーンを実施するとは発表した。

とりあえず半年という期間限定の「レジ袋・紙ナプキン削減」キャンペーンなんですね。

半年やって様子をみて、今後の展開を考えようという感じなんでしょうか。

マクドナルドは半年間で紙226トンとプラスチック61トンの重量削減を目指すということです。


しかし、紙ナプキンは分かりませんが、レジ袋が減ったとしてもそれほど地球温暖化には影響がないようですね。つまり、それほど二酸化炭素の減少には影響がでないそうです。

先日、高城 剛さんの「サヴァイヴ!南国日本」を読んだのですが、そのように書いてありました。

地球温暖化対策が進んでいるヨーロッパ人からみたら、非常に滑稽な光景のらしいです。

だったら、車に乗る回数を減らす方がいいということです。

高城 剛さん自体、毎日のように車を乗っていたらしいですが、グリーン活動に目覚めてからは、週に2回くらいしか車に乗らなくなったと言っています。

何がどの程度、二酸化炭素の減少に影響があるのか。まずは、それを知る必要がありますね。

じゃないと、努力が報われません。