ニンテンドーDS Liteでワンセグ観る「DSテレビ」

Yahoo!ニュース『ニンテンドーDS向けワンセグ受信アダプタ発売——その名も「DSテレビ」』より

「DSテレビ」はニンテンドーDSおよびニンテンドーDS Liteに対応。DSテレビ、DSテレビ専用カバー、DSテレビ専用外部アンテナがセットになっている。

DSテレビ

「ニンテンドーDS」と「ニンテンドーDS Lite」でワンセグで映像を観ることができる「DSテレビ」が登場しました。

価格は6,800円。11月20日発売で、予約は11月8日に午後から開始予定ということです。

電車の中でニンテンドーDSでワンセグ観ている人が増えそうですね。


DSはかなり売れているようですね。今年9月末の世界累計販売台数が5364万台ということです。

それに対し、ソニーはPS3もPSPも任天堂と比べると、かなりむごい状態になっています。

今年9月の中間決算では、上期(4〜9月)の世界での販売台数は任天堂の圧勝に終わりました。

◆2007年4〜9月
任天堂 Wii:733万台
ソニー PS3:202万台

◆発売からの累計販売台数
任天堂 Wii:1317万台
ソニー PS3:559万台

DSもWiiも女性購入者が過半数ということです。半分以上が女性なんですね。

ここがソニーと任天堂の明暗を分けたところだと思います。

任天堂は新しいゲームとの接し方を提案し、女性やお年寄りなどの新しいゲーム層を獲得しました。

それに対し、ソニーはハイスペック化を進め、極端な言い方ですが、ゲーム上級層にしか受け入れられなくなりました。つまり、一部の人にしか売れないゲーム機になってしまいました。

その結果、ゲームのソフトを作っている会社は、PS3向けのソフトを作っても、あまり売れないので、Wii向けのソフトを作る傾向が強くなります。

実際、PS3向けに販売予定だった「モンスターハンター3」はWii向けに変更になるそうです。

ワンセグの話とは、ちょっとズレてしまいましたが、日本ではゲームに関しては任天堂の1強になる時代がすぐ来るかもしれません。

ワンセグ受信アダプタ DSテレビ

楽天 – ニンテンドーDS Lite

B000ELYHZY