Googleの株価が600ドル超え

IBTimes『グーグル株価、600ドル超える』より

グーグル株価は8日、今月18日に行われる同社7-9月期(第3四半期)収益発表への期待が高まり、ナスダック店頭株市場で同社株価は上昇を示し、ついに600ドルを上回った。

去年の11月に「Googleの株価が初の500ドル超え、時価総額は約18兆4000億円に」という記事を書きましたが、今度は600ドルの大台に乗りました。

留まることを知らないGoogleの株価はいったいいくらまでいくのでしょうか?

グーグル株価は2004年8月に85ドルで上場して以来、株価が7倍以上にまで急騰し、市場価値は1900億ドルに達している。

時価総額が1900億ドル。今やウォルマート、コカコーラ、ヒューレット・パッカード、IBMよりも上回っているということです。

そして、一部のアナリストの間では、来年にもGoogleの株価は700ドルを超えると予測している人もいるようです。

検索エンジンというインフラを握り、検索キーワードという需要に対して、広告という供給を促して儲けるビジネスモデルは今後数年は壊れなそうですね。

Googleが上場した時にグーグルの株を買った人は、今頃、笑いがとまらないでしょう。ちょっと、うらやましいです。。