MT4iにモバイル版Google Adsense(アドセンス)広告を掲載する方法

先月の9月18日に「モバイル版のアドセンス「AdSense for Mobile」開始」という記事を書きましたが、Google Adsenseの携帯サイト版が登場したんですよね。

で、当ブログのモバイル版にも、「AdSense for Mobile」を掲載しようとしたのですが、なぜだか文字化けしてり、しなかったりで正常に表示できないでいました。

そして、今日、ちょっと時間がとれたので、またテストした結果、なんとか無事、モバイル版に「AdSense for Mobile」が掲載できました。

明日になったらやり方を忘れそうなので、メモ代わりに投稿しておきます。


まずは、Google Adsenseの管理画面にログインして、「AdSense for Mobile」のソースコードを取得します。

「Adsense 設定」→「モバイル向け AdSense」と進み、「広告のフォーマット、マークアップ、色を選択」ページでは下記のように設定します。

・フォーマット:シングル(ダブルでもOKだが、プログラムポリシーによると配置位置はページ最下部という決まりがある)
モバイル コンテンツ向け AdSense プログラム ポリシー
・マークアップ:chtml
・文字エンコード:日本語(EUC-JP)
・色:お好きな色を選択

設定が終わったら、「続行」ボタンをクリック。

広告チャネルを選択」ページでは、チャネルを選択します。僕はチャネルの設定はしていないので、そのまま何もせずに「続行」ボタンをクリックしました。

広告コードを取得」ページでは「サーバー サイドのスクリプト言語」にCGI/Perlを選び、AdSense コードをコピーします。

コピーしたAdSense コードをテキストファイルにペーストし、ファイル名を「adsense.pl」とし、保存します。

このファイル名はなんでもOKです。「googlemobile.pl」でも「adsenseformobile.pl」でも。拡張子は「.pl」です。

ここまでが、Adsenseの管理画面の作業です。

では、ここからはMT4iの作業になります。

mt4i.cgiを開きます。(ちなみに、当ブログではindex.cgiというファイル名に変更していますが)

「h1」で検索をかけます。

すると、392行目くらいに下記のようなソースがあります。


####################
# 表示文字列生成
$data .= "<h1 align=¥"center¥"><font color=¥"$cfg{TitleColor}¥">";

これを次のように変更します。


####################
# 表示文字列生成
my $adsense = `perl adsense.pl`;
$data .= $adsense;
$data .= "<h1 align=¥"center¥"><font color=¥"$cfg{TitleColor}¥">";

my $adsense = `perl adsense.pl`;
$data .= $adsense;

この2行を付け加えただけです。

これで、モバイル版のトップページのタイトルの上にアドセンス広告が表示されます。

次に個別ページの設定です。

「h4」で検索をかけます。

すると、831行目くらいに下記のようなソースがあります。


####################
# 表示文字列生成
$data .= "<h4>";

これを次のように変更します。


####################
# 表示文字列生成
my $adsense = `perl adsense.pl`;
$data .= $adsense;
$data .= "<br>";
$data .= "<h4>";

my $adsense = `perl adsense.pl`;
$data .= $adsense;
$data .= “<br>”;

この3行を付け加えただけです。

これで、個別ページのタイトルの上にアドセンス広告が表示されます。

それから、次に「print “Content-Length: “,length($data),”¥n¥n”;」で検索をかけます。

3568行目くらいに上で検索したソースがあるはずです。

この部分をコメントアウトします。#を頭につけるだけです。

# print “Content-Length: “,length($data),”¥n¥n”;

こんな感じで。

これをしないと、当ブログの場合は、なぜか、変な文字が表示されてしまうんですよね。

なので、もし、変な文字が表示されなければ、この作業はしなくてOKです。環境によっては、逆にコメントアウトすることによって正常に表示されないことがあります。

これで、「mt4i.cgi」の作業は終わりです。

最後に、「mt4i.cgi」と「adsense.pl」をアップロードします。

パーミッションを使っているレンタルサーバーの指定したものに設定したら終わりです!

これで、表示されるはずですよ。