au、「1円携帯」見直し通話料金を引き下げ

Yahoo!ニュース『通話料下げ、「1円携帯」見直し=11月から導入−KDDI』より

「au」ブランドの携帯電話を展開しているKDDIが、これまで安く抑えてきた端末の価格を引き上げる一方で、通話料を引き下げる新しい料金体系を11月に導入することが、2日明らかになった。一方で従来型も残し、利用者が選択できるようにする。

携帯電話は新規だと1円で購入できる機種がたくさんありますが、あれは通話料でペイできるから1円で販売できるんですね。

つまり、通話料がちょっと高めに設定されています。海外に比べて日本の携帯料金が高いというのはよく言われていることです。最近はだいぶ日本も安くなりましたが。


しかし、1円で購入して通話料がちょっと高めということは、使えば使うほど割高になるということですね。

長期使用するほど、お客にとっては不利な仕組みです。通信会社は儲かりますが。たとえ、1円で機種を販売したとしても。

そんな状況があったので、総務省が通信各社に08年度には新しい料金体系を導入するよう求めていました。

それをauがまず応じるようですね。

これで一番ダメージを受けるのは、携帯電話の販売店でしょう。1円なんてタダみたいなものなので売りやすかったですが、ちゃんとした値段が付いたら一気にお客さんの心理的障壁は高くなりますからね。

ちなみに、NTTドコモも年内に同様の新料金体系を設定するようです。

ソフトバンクモバイルは、割賦販売、つまり分割で代金を受け取る体制を取っています。