YouTube誕生秘話と1秒間に7時間分の動画がアップロード

CNET Japan『YouTubeが初のユーザーイベント–共同創業者チェン氏が誕生秘話を語る』より

グーグルは10月26日、動画共有サイトYouTubeの国内初となるユーザーイベント「YouTube Mix」を開催した。ユーザーや関係者約200名が集まった会場にはYouTubeの共同創業者のSteve Chen氏が登場。YouTubeの誕生から現在について語った。

僕としては、今やテレビよりもお世話になっているYouTubeですが、以外と知られていない誕生秘話が載っていました。

YouTube誕生のきっかけは、2005年にSteve Chen氏らが開催したパーティーだそうです。


そのパーティーにはデジカメやデジタルビデオカメラを持ってきている参加者がたくさんいて、デジカメで撮影した画像を共有するサービスがある一方、動画を共有するサービスがないということで、YouTubeを立ち上げようとなったようです。

そして、同年5月にベータ版を立ち上げ、動画共有サイトYouTubeが誕生したということです。

おそらく、「Flickrの動画版を作ろう!これからは動画の時代だし」みたいな会話をしたんじゃないでしょうか?

ちなみに、Flickrは写真共有サイトです。僕も使っています。アメリカのYahoo!のアカウントを取れば無料で使えますよ。

話はYouTubeに戻りますが、現在YouTubeでは1秒間に7時間分の動画がアップロードされているそうです。

これって、想像を絶するような量ですね。

1秒間で7時間ということは、1分間で420時間、1時間で25200時間分の動画がアップロードされているということです。

1日(24時間)だと、604800時間分の動画です。

なんだか、訳分からなくなるような数字です。。