Goolge Phoneではなく携帯プラットフォーム「Android」を発表

CNET Japan『ベールを脱いだグーグルの携帯電話プラットフォーム「Android」』より

Googleが米国時間11月5日、携帯電話向けのオープンなソフトウェアプラットフォームを披露し、複数の業界大手企業と提携したことを明らかにした。

Google PhoneやgPhoneの噂がありましたが、携帯電話本体ではなく、携帯電話に入るOS、ミドルウェア、ユーザーインターフェース、アプリケーションから構成されるプラットフォームをGoogleが発表しました。

その名も「Android」。まるで、銀河鉄道999のようです。

ちなみに、このニュースは11月5月(月)に発表されました。

今さらですが、取り上げてみました。

Androidプラットフォーム上のアプリケーション開発に携わる国際的なアライアンス「Open Handset Alliance」には34社が参加する意向を表明している。

この34社の中には、ドコモやKDDIも入っているようです。

ソフトバンクモバイルは入ってないようですね。まぁ、Yahoo!のライバル企業ですからね、Googleは。

Androidベースの最初の携帯電話は2008年後半に発売される見通しであると、Schmidt氏らは記者向けの電話会議で述べた。

ということは、来年の今頃なんですね、発売は。

なんとなく、まだまだ先の話のような感じがしてしまいます。

いまいち、Androidの何がすごいのか僕は分かりませんが、ふと思ったのが、携帯ではマイクロソフトにOSというプラットフォームを独占させたくないという意志を感じました。

一時期、Googleがパソコン用のOSを作るという噂もありましたが、これだけWindow OSを使っている人が多い中では、負け戦に挑むようなものです。

しかし、携帯電話の世界では、まだまだWindows Mobileは一般的ではありません。

一部のスマートフォンのみでしょう。

つまり、まだ参入の余地があるという訳です。

PCではマイクロソフトに先を越されたけど、携帯では「Android」で市場をとるぞ!というGoogleのマイクロソフトに対する挑戦状のような印象を受けました。

それでも、GoogleのCEOのエリック・シュミット氏は、Google Phoneの販売の扉は閉ざされた訳ではないと言っているようなので、まだまだGoogleブランドの携帯電話の発売の可能性はあるようですね。

ただ、エリック・シュミット氏はAppleの取締役でもありますからね。

iPhoneのライバル機種を販売するのはどうなんでしょうか?

ちょっと微妙なような気がしますが。。