IT業界に影響を及ぼした人物ランキング

ITmedia『1位ゲイツ氏、2位ジョブズ氏——IT業界に影響を及ぼした人物ランキング』より

米国のIT業界団体Computing Technology Industry Association(CompTIA)は11月7日、「過去25年でIT業界に最も影響力を持った人物」の投票結果を発表した。

IT業界に影響を及ぼした人物ランキングの1位はビル・ゲイツ、2位はスティーブ・ジョブズという結果が出たようです。

共通点には、OSを作っている会社の創業者ということがありますね。


以下、IT業界に影響を及ぼした人物ランキングトップ10です。

1位:ビル・ゲイツ(米Microsoftの共同創業者、同社会長)84%
2位:スティーブ・ジョブズ(米Appleの共同創業者、同社CEO)73%
3位:マイケル・デル(米Dellの創業者、同社会長兼CEO)53%
4位:リーナス・トーバルズ(Linux開発者)47%
4位:サーゲイ・ブリンとラリー・ペイジ(米Google創業者)47%
6位:ジョン・チェンバーズ(米Cisco Systemsの会長兼CEO)44%
7位:ラリー・エリソン(米OracleのCEO)36%
8位:ビント・サーフ(「インターネットの父」と呼ばれるTCP/IPの共同開発者)35%
8位:スティーブ・バルマー(米MicrosoftのCEO)35%
10位:メグ・ウィットマン(米eBayの社長兼CEO)30%

日本で同様のランキングをやったら、やっぱり1位はソフトバンクの孫正義さんでしょうか。