スーパーコンピューターランキング、2007年11月

ITmedia『スーパーコンピュータTop500、引き続きIBMが首位』より

世界最速のスーパーコンピュータは、今回も米IBMがトップを維持――高速コンピューティングの国際会議SC07で11月12日、スーパーコンピュータの性能ランキング「Top500」リストが発表された。上位10位のうち5位までを新システムが占めた。

スパコンランキングです。

IBMがワンツーフィニッシュで強いですね。


以下、2007年11月現在でのスーパーコンピュータランキングトップ10です。
※()内は前年度の順位

1位(1):ブルージーンL [米エネルギー省]<IBM>
2位(新):JUGENE [独ユーリヒ総合研究機構]<IBM>
3位(新):Altix [米ニューメキシコ州コンピューター応用センター]<SGI>
4位(新):クラスター・プラットホーム [印タタ・サンズ・コンピューター研究所]<HP>
5位(新):クラスター・プラットホーム [スウェーデン政府]<HP>
6位(3):レッドストーム [米サンディア国立研究所]<クレイ>
7位(2):ジャガー [米オークリッジ国立研究所]<クレイ>
8位(4):BGW [IBM社内]<IBM>
9位(新):フランクリン [米エネルギー研究科学計算センター]<クレイ>
10位(5):ニューヨークブルー [米ストーニーブルック大学計算機センター]<IBM>

ちなみに、日本勢は

16位(14):TSUBAME [東京工業大学]<NEC・サン・AMD>
30位(20):地球シミュレータ [海洋研究開発機構]<NEC>

と、ちょっと落ち目のようですね。

November 2007 | TOP500 Supercomputing Sites