ドコモ、米Googleと検索や広告などで提携

CNET Japan『ドコモ、米グーグルと包括的提携交渉–検索、広告などで』より

NTTドコモが米Googleと包括的に提携するべく交渉していることが12月25日、わかった。検索や広告のほか、Googleの携帯電話向けプラットフォーム「Android」などに関して協力していくものとみられる。

25日のニュースなのですが、ビッグニュースなので取り上げました。

僕はauを使っているので、ドコモについては詳しくないのですが、今まではNTTレゾナントのgooの検索エンジンを使っていたようですね。

しかし、ここでは公式サイトのみ表示されていたようです。一般サイトは他社の検索サービスから誘導していたようですね。

しかし、今回のGoogleとの提携により、一般サイトが検索結果に出るようなので、これはサイトによってはグッとアクセスが上がる可能性がありますね。

Googleとの提携によって、ドコモの株価も26日にはグッと上がったそうですね。


auとしては、痛いニュースなんじゃないでしょうか。

auとしては、Googleとの提携はドコモとの差別化ポイントでしたからね。

しかし、そんな強みもドコモによって蓋をされてしまった形になります。

Googleとしては、auに引き続き、日本でシェアナンバーワンのドコモと提携したことによって、ライバルYahoo!との差別化に成功する形になります。

ドコモはauよりもGoogleと包括的な提携をするようです。

まず、検索。

そして、検索連動型広告としてAdWords。

GPSを活用した新サービス。

携帯電話向けOS「Android」端末開発も視野に。

Gメールも利用できるようにするみたいですね。

僕としては、2008年はドコモがよりシェアを伸ばし、auとソフトバンクモバイルの合併(auがソフトバンクモバイルを買収)話なんか出るんじゃないかなぁーと思っていたりします。