iPhoneはドコモから販売の可能性が高い、米紙報道

CNET Japan『アップル、「iPhone」日本投入でドコモとソフトバンクと交渉』より

Appleは、日本での「iPhone」販売において、国内第1位事業者のNTTドコモと第3位のソフトバンクの幹部と会っており、両社を競わせる考えだと情報筋が米国時間12月11日に語った。

The Wall Street Journal紙によると、ドコモもソフトバンクモバイルもiPhoneを日本で販売しようと、Apple陣営と交渉しているようですね。

KDDIの代表取締役社長兼会長の小野寺正さんもAppleと交渉していたようですが、利益を上げられるビジネスモデルを確立することが難しいとの判断で、auでのiPhone販売は見送るようです。


日本では今のところドコモの可能性が高いということです。

なぜなら、Appleはその国の最大手の携帯キャリアと契約をすることを好む傾向があるからのようです。

2007年6月の携帯電話シェア、実はドコモの一人勝ち」でも書きましたが、auとソフトバンクモバイルを足してもドコモには敵わないですからね。

しかし、ドコモはAppleとの契約内容に渋っているようです。

加入者からの売り上げの一部をAppleが要求していることが気に入らないようです。

一部には、その売上の一部とは約10%にもあたるという噂もあります。

どうなんでしょう?

ドコモからiPhoneは販売されるのでしょうか?

iPhoneが日本で発売に至らないワケ