Macworld Expo 2008、スティーブ・ジョブズのキーノートまとめ

ASCII.jpのサイトに「あらためて、ジョブズの基調講演を振り返る」という記事があったので、自分のメモ代わりに2008年1月15日に行われた「Macworld Expo 2008の基調講演」でのスティーブ・ジョブズのキーノートを簡単にまとめておきたいと思います。

(1)「Mac OS X 10.5 Leopard」の売れ行きの発表
・11月の発売以来3カ月で500万本出荷
・「今まででもっとも成功したMac OS Xである」
・現在MacにインストールされているOSは、Leopardが19%、Tiger以前が81%

Mac OS X 10.5 Leopard


(2)「Microsoft Office 2008 for Mac」を紹介
・Intel Macでネイティブ動作

Microsoft Office for Mac

(3)「Time Capusle」
・Leopardのバックアップ機能「Time Machine」と連携して、無線LANで複数のMacのデータを丸ごとバックアップ
・無線LANベースステーション「AirMac Extremeベースステーション」の機能と、ハードディスクを合体させたような製品
・500GBモデルが3万5800円、1TBモデルが5万9800円
・USB 2.0ポートを備えているので、外付けハードディスク接続可能

(4)iPhoneとiPod touch
・iPhoneの出荷台数が400万台に到達(200日)、毎日2万台ずつ売れ続けている計算
・2007年10〜12月米国スマートフォンシェア(BlackBerry39.0%、iPhone19.5%、パーム社9.8%、モトローラ社7.4%、ノキア社3.1%)
・iPhone用SDK(開発キット)を予定通り2月末に一般公開
・iPhone付属の地図ソフト「Maps」が進化し、ユーザーの現在地が表示可能に
・iPhone に「Webクリップ」機能追加(iTunes経由で無料でアップグレード)
・iPod touchにメール・株価情報・位置情報付きの地図・ノート・天気予報の5つの新ソフトが追加
・iPod touchが動画再生時のチャプターや字幕表示/言語設定、歌詞表示に対応
・iPod touchのアップデートは有料(2480円)

iPod touch

(5)「iTunes Movie Rentals」iTunesで映画オンラインレンタル
・iTunes Storeではこの2週間で40億の曲が売れ、クリスマスシーズンは1日で2000万曲の売れる
・1億2500万本のテレビ番組と、700万本の映画が売れた
・20世紀フォックス、ディズニー、パラマウント、ワーナーブラザーズ、ソニーピクチャーズ、ユニバーサルという6つのメジャー配給元が提携
・米国では2月末までに1000以上のムービーがレンタル可
・DVD化されたら30日以内にレンタルを開始
・新作映画が3.99ドル、旧作が2.99ドル
・レンタル期間は30日、視聴開始から24時間を過ぎると再生できなくなる
・iPodやiPhoneでも観れる
・Apple TVにも対応しているのでリビングの大画面テレビでも観れる
・ダウンロード途中から視聴を開始できる

(6)「Apple TV」をアップデート
・iTunes Storeを通じた映画のレンタルをApple TVから直接できる
・.MacやFlickrに保存したインターネット上の写真をスライドショーで再生したり、ポッドキャスト/ビデオキャストにも対応
・無料のソフトウェアアップデートで新機能を使える

Apple TV

(7)世界最薄ノート「MacBook Air」
・封筒から「MacBook Air」を出す
・液晶は13.3インチ
・LEDバックライト付きのキーボード
・iSightカメラを搭載
・トラックパッドはマルチタッチジェスチャー対応(画面のスクロールや画像の拡大/縮小/回転など)
・通常のCore 2 Duoを60%小型化
・イーサネットポートとFireWire(IEEE1394)端子はなし
・インターフェースはUSB 2.0ポート1基、Micro-DVI端子1基、ヘッドホン端子1基のみ
・光学式ドライブはなし、USB接続の外付け式ドライブ「MacBook Air SuperDrive」を発売(1万1800円)
・無線LAN経由で接続したMacやPCの光学式ドライブを利用してソフトのインストールができる「Remote Disc」機能
・バッテリー駆動時間は5時間

MacBook Air