米スターバックス、エスプレッソの入れ方を再教育するために7100店舗を一時閉店

日経ネット『米スタバ、従業員教育で全米店舗を一時閉店』より

米スターバックスは26日、おいしいエスプレッソのいれ方を店員に再教育するため、全米7100店舗を一時閉店した。

アメリカでは「スタバ離れ」が起きているようですね。

そのため、従業員に美味しいエスプレッソの入れ方を再教育するために、17:30から21:00までの3時間半、全米7100店舗を一時閉鎖したそうです。

これ、ちょっとしたPR効果もありそうですね。

スタバ離れしていた人が、このニュースを聞けば「久しぶりに行ってみるかな」と思うでしょうからね。


アメリカは至るところにスターバックスがあります。

コーヒーの味うんぬんの前に、スタバ自体に飽きてしまったということはないのかな?

スタバと言えば、こんな面白いニュースがありました。

Engadget「スターバックスにデスクトップPCを持ち込んでモバイルしてみた」より

スターバックスにデスクトップパソコンとモニターを持ち込んで、スタバをインターネットカフェ化しようとするプロジェクト(??)です。

Mobile Desktop

他のお客さんは不振そうに見ていますし、店員もどうしていいか分からないといった様子です。

日本でやったらどんな反応になるんだろう?

カフェにノートブックを持ち込んでいる人は普通に目にしますが、デスクトップパソコンとモニターを持ち込む人っていないですからね。。

アメリカ人らしいクレイジーな企画というかイタズラですね。