検索キーワード回数を知ることができるサイト「キーワードハンター」

CNET Japan『クロスリスティングら、SEOやSEM対策用のキーワードアドバイスツールをSaaS形式で提供』より

クロスリスティングとアユダンテ、アイレップは4月9日、共同でSEO・SEM対策用のキーワードアドバイスツール「キーワードハンター」のベータ版サービスを開始した。

キーワードを調べると言えば、overtureのキーワードアドバイスツールでしたが、今は更新されていませんし、使えないことも多いです。

なので、今現在のネットでのキーワード検索回数を知れるツールってないんですよね。

Google Adwordsでは、ボリュームは見れますが、検索回数は分かりませんし。。


そんな中出てきた「キーワードハンター」。

Exciteやgoo、BIGLOBE、@niftyなどのポータルサイトと提携するクロスリスティングのキーワードデータをを基に開発されたキーワードの検索回数が分かるサイトです。

でも、無料ではないです。有料です。

ネットで検索されているキーワードを知るということ自体に、課金する価値があるということですね。

今や、検索キーワードの回数を知ることが有料の時代になってしまいました。

まぁ、キーワードって世の中の需要ですからね。

正式サービスの提供は5月の予定。利用料金は、半年間で合計1000回の検索が可能な「ベーシックプラン」が3万円、年間60万回までの検索が可能で、100キーワードまでの一括データ出力が可能な「プレミアムプラン」が150万円となっている。

プレミアムプランが150万円。。。高いですねー。。

Googleあたりが無料で提供してくれれば、こういったビジネスモデル自体が通用しなくなるんですけどね。。

キーワードハンター