メキシコで殺人ミツバチ「アフリカミツバチ」が警官を襲う

technobahn『メキシコで殺人ミツバチが警官を攻撃、70名が重軽傷』より

メキシコ再南部にあるチアパス州で射撃訓練中の警官の集団に殺人ミツバチの大群が襲いかかかり、70名が負傷、内10名が重症を負うという大惨事を起こしていたことが10日までに現地紙の報道により明らかとなった。

殺人ミツバチ

殺人ミツバチ、怖いですねー。。

この殺人ミツバチは「アフリカミツバチ(Africanized Honeybees)」と呼ばれている蜂らしく、見た目は写真のように普通のミツバチと変わりませんが、性格が攻撃的で人間に大群で襲いかかってくることあるそうです。

元々、成体数は少なく被害の報告例はほとんどなかったが、80年代以降、この地方で養蜂農家が増えてきたことを受けて、成体数が増大。近年では地球温暖化の影響などもあり、生息域は米国南部にまで達するなど、問題化していた。

地球温暖化で一番怖いのは、本来その地域にいなかった生物や動物が現れて、生態系が壊れることだと思います。

日本ももっと温暖化が進んだら、このアフリカミツバチが住みついてしまうかもしれませんね。

そうなったら、もう「アフリカミツバチ」じゃなくなってしまいます。。

メキシコと言えば、蜂だけでなく、ハエも怖いです。

僕はイルカを見に、数年前メキシコのティファナに行ったことがありますが、アメリカ人の友達にジュースのビンの飲み口にハエがとまったら、かならずハンカチできれいに拭いてから飲むようにと忠告されました。

ハエが数はハンパじゃないですからね。

レストランでタコスらしきものを食べながら、コカコーラを飲んでいたら、ハエが近づいてきました。

念のため、ビンの飲み口をきれいにしてから飲んだのですが、その夜は今まで体験したことがないほどの下痢に。。。

ほんと、死ぬかと思うほど。。

ハエが直接の原因か分かりませんが、「メキシコ恐るべし・・・」と思ったものです。

あと、メキシコのレストランの駐車場には普通に当たり屋がいましたね。。

ホームレスらしきオヤジが車に当たってもないのに、「当たったぞ」とか言ってお金をせがんできます。

おまけに、偽の警察もいたりして、違反なんかしてないのに違反と言い張って、お金取られた友達もいましたね。。

また、メキシコに行きたいですね。今はどんな国になっているのでしょうか?