亀田兄弟が協栄ジムと決別で引退か?

Yahoo!ニュース『亀田兄弟引退危機!協栄ジムと決別へ』より

ボクシングのWBA世界フライ級1位・亀田興毅(21)=協栄=が引退の危機に直面していることが24日、明らかになった。

亀田家と協栄ジムの溝が修復できなかったようですね。

一番の問題は練習環境のようです。

協栄ジムとしてはジムで練習して欲しいけど、亀田家としてはメキシコで練習したい。

そして、最悪の場合、亀田兄弟の引退の可能性も出てきたということです。


なぜ、亀田兄弟が協栄ジムを決別すると引退になってしまうのか?

下記のような理由があるようです。

・他ジムへの移籍は移籍金の問題など諸条件からほぼ不可能

・兄弟の移籍となれば、莫大な移籍金が見込まれる

・海外進出の選択肢があるが、これが閉ざされた場合、ボクシングできなくなる

・日本のジム制度では、ジムに所属していないと国内でリングに上がることができない

・日本のジムに所属しないとなると、残された道は海外のみ

・海外でプロライセンスを発給されれば、海外でのみ活動が可能

・海外でプロボクサーとしてやっていくには、海外のプロモーターとつながりが必須

以上のような理由があるようですね。

ふと思ったのですが、日本に亀田ジムを作ることはできないのかな?

お父さんはライセンスはく奪されたけど、ジムのオーナーとかはできないのかな?

ジムを設立するのに、どのくらいの資金が必要なのか分からないけど、元世界Jバンダム級チャンピオンの鬼塚勝也さんは九州にジムを設立していますし。

自分の好きなようにやりたいなら、自分の城を持つのが一番だと思うんですが。。

現チャンピオンの内藤選手のジムも小さなジムのようですしね。

最近は、格闘家がフィットネスジムを兼ねた自分のジムを持つ人が多いですよね。

田村潔司さんのU-FILEとか。

ビジネスモデルとしてもありなんじゃないでしょうか?