ドメイン名のルールが変わる「.love」や「.travel」が可能に

ITmedia『トップレベルドメイン自由化、ICANNが承認』より

「.com」「.net」だけでなく、社名ドメイン(.itmedia)、人名ドメイン(.billgates)、地名ドメイン(.paris)など好きなドメインを使えるようになる。

インターネットのドメイン名を管理するICANN(アイキャン)が、新しいドメインを加える案を決定しました。

アイキャン理事会のスラッシュ議長は「歴史的な決定だ」とコメントしているそうです。

どんな新しいドメインが追加されたのでしょうか?

これまでトップレベルドメインは「.com」「.net」など21種に限定されていた。今後は申請者が好きなドメインを選べるようになる。

これからは、ドメインのトップレベルを自分で選べるようになるんですね。

例えば、「.love」や「.travel」。

あとは会社名とかですね。「.sony」とか「.toyota」とか。

町の名前なら「.paris」「.yokohama」などなど。

もう、無限に考えられますね。

ただし、商標となっている名前を第三者が申請した場合は自動的に承認されることはなく、商標保有者による異議申し立てが可能となる。公共の倫理や秩序に反するようなドメインも認められないという。

誰もがどんなトップレベルドメインを取得できる訳ではないんですね。

例えば、横浜市在住の個人が「.yokohama」を取得できるのかな?横浜市じゃないと取得できないとかあるのかな?

このトップレベルドメインの自由化は2009年第2四半期から開始されるそうです。