Google、ユーザーが検索結果の順位を変更できる「Edit Search Results」を実験

CNET Japan『グーグル、「Edit Search Results」を試験中–ユーザーが検索結果を変更』より

米グーグルが一部のユーザーをランダムで選んで、検索結果に関する面白い実験を行っています。

ユーザーが自分で順位を変動できるという実験です。

その名も「Edit Search Results」。日本語にすると「検索結果を編集」ですね。


Edit Search Results

上のキャプチャの中段に「上向き矢印」と「×マーク」があります。

「上向き矢印」をクリックすると、このページが検索結果の1位になり、編集したことが分かるように、上のキャプチャの上段のようにオレンジのマークがつくそうです。

「×マーク」をクリックすると、そのページを検索結果から削除できます。

スパム的なSEOで上位に来た内容の薄いサイトは削除できますね。

Googleは今回のテストについて公式説明を掲示している。「この実験では、ユーザーが検索結果を追加したり順位を変えたり削除したりすることによって、検索エクスペリエンスを変えることができる。この変更は、次回同じキーワードで検索したときに継承される」。つまり、利用者は検索結果をある程度変更することができ、それはほかの利用者にも継承されるというのだ。同説明では、実験期間は数週間になるだろうとしている。

次回以降の検索にも継承されるんですね。

ちなみに、「Edit Search Results」はiGoogleにログインしていないと機能しません。

この「Edit Search Results」はパーソラナイズド検索の一種でしょう。

これが、ログインしていない状態での検索結果にどれほどの影響を与えるのかが注目ポイントですね。

Google Experimental Search

Edit Search Results FAQ