日本の携帯電話の料金は世界的に安いのか?高いのか?

総務省が平成19年度(2007年度)の「電気通信サービスに係る内外価格差調査」を発表しました。

その中で携帯電話料金についての調査結果があります。

調査対象とした地域は、東京(日本)・ニューヨーク(アメリカ)・ロンドン(イギリス)・パリ(フランス)・デュッセルドルフ(ドイツ)、ストックホルム(スウェーデン)、ソウル(韓国)の7都市です。


まず、この調査では利用者のタイプを以下の3つに分けています。

(1)低利用者(音声月44分・メール月6通・データ利用なし)

(2)中利用者(音声月96分・メール月100通・データ月16,000パケット)

(3)高利用者(音声月246分・メール月300通・データ月670,000パケット)

あまり携帯を使わない人からヘビーユーザーまで、利用者を3タイプに分けているんですね。

以下、3つの利用者タイプでの7都市の月額携帯料金です。
金額の高い順にならべています。

低利用者(音声月44分・メール月6通・データ利用なし)

ニューヨーク  :4000円(通話3900円、メール/データ100円)
ロンドン    :4000円(通話4000円、メール/データ0円)
パリ      :3400円(通話3300円、メール/データ100円)
東京      :1900円(通話1600円、メール/データ300円)
デュッセルドルフ:1700円(通話1600円、メール/データ100円)
ストックホルム :1900円(通話1700円、メール/データ0円)
ソウル     :1600円(通話1600円、メール/データ0円)

中利用者(音声月96分・メール月100通・データ月16,000パケット)

ニューヨーク  :6500円(通話3900円、メール/データ2600円)
パリ      :5700円(通話4600円、メール/データ1100円)
ロンドン    :4700円(通話4000円、メール/データ700円)
デュッセルドルフ:4600円(通話2700円、メール/データ1900円)
東京      :4000円(通話2600円、メール/データ1400円)
ストックホルム :3400円(通話1700円、メール/データ170円)
ソウル     :2700円(通話2100円、メール/データ600円)

高利用者(音声月246分・メール月300通・データ月670,000パケット)

パリ      :10000円(通話7800円、メール/データ2300円)
デュッセルドルフ:8700円(通話4700円、メール/データ3900円)
東京      :8600円(通話4200円、メール/データ4400円)
ロンドン    :8000円(通話7000円、メール/データ1000円)
ストックホルム :7700円(通話4300円、メール/データ3400円)
ニューヨーク  :7200円(通話3900円、メール/データ3300円)
ソウル     :6800円(通話3500円、メール/データ3300円)

この調査結果を見ると、ソウルは携帯料金が世界的に安いんですね。

東京はこの7都市の中では平均的くらいかな。

日本の携帯料金は世界に比べると高いと言われることが多いですが、この調査結果を見る限りそうでもないですね。

これも、ソフトバンクモバイルが価格競争を仕掛けたおかげだと思います。ドコモがこの競争に乗っちゃいましたからね。。

ニューヨークはヘビーユーザーには優しい料金設定ですね。

ただ、あまり使わない人でも4000円というのは高いですね。

総務省:電気通信サービスに係る内外価格差調査